1. ヒッチハイクの魅力
2. ヒッチハイクの基本
3. 車に乗った後の注意
4. 服装や持ち物について
5. 旅先のトイレの見つけ方
6. 僕の愛用ツール


1. 宿さがしのコツ
2. カプセルホテル
3. ユースホステル
4. ビジネスホテル
5. 野宿のススメその1
6. 野宿のススメその2


1. ヒッチハイク旅行記1
2. ヒッチハイク旅行記2
3. やってみてわかったこと


1. オススメ書籍
2. リンク集-情報サイト
3. リンク集-アウトドア用品


宿さがしのコツ

僕はけっこう野宿とか駅構内で寝たりしますが、幸い今まで危険な目にあったことはありません。でも、やっぱり安全なのは宿に宿泊すること。
安全というのもあるのですが疲労回復の度合いがやっぱり違います。

■直前の方が宿がある?
正月やお盆やゴールデンウィークなど予約がいっぱいで宿がとれなかったと言う話をよく聞きます。しかし、その期間でも全然予約しないで旅行して、ちゃんとした宿に泊まれることもあるのです。

先ず、「行楽シーズンは3か月や1か月前より、前日や当日のほうが部屋は開いている場合がある。」ということを覚えておきましょう。団体旅行では直前のキャンセルが結構出ます。又、個人旅行でも突然都合が悪くなる事があります。宿のほうではそれを前日の夜や当日の朝に整理して、部屋の再配分を行います。そのとき、空き部屋が出るのはよくあることなのです。
しかし、ホテルによっては多めの予約を取って空き部屋が出ないようにしているところもあるので注意。

当日いきなり泊まりたい。夜も遅いのであちこち探し回れない。そんな時には、直接交渉です。宿のほうも、TELより本人が目の前に居るほうが安心します。非常の場合のため一部屋ぐらい特別に用意している所もありますから、結構効果があります。また、値切ることも可能なので試してみてはいかがでしょうか。
 
■現地で探す
「旅館組合、観光案内所、JRの駅、市役所・役場の観光課」を利用しましょう。前日や当日に出た空き部屋は旅館組合や観光案内所に集中され、そこで、紹介されます。ちなみにその時に、どこからTELしているか聞かれたら、すぐ近くにいると言っておいたほうが、紹介してもらえる確率が高くなると思います。

とにかく泊まれればいい、というのであればビジネス向けの3000円〜5000円程度で泊まれるホテルもオススメです。大都市圏とかビジネス街だと、3000円そこそこでカプセルホテルがけっこうあります。それも駅前に集中しているので駅で聞いてみるといいでしょう。

■人の家に泊めてもらう!?
野宿は嫌だけど宿代を節約したい。そんな時、可能性は低いのですが旅先で知り合った人の家に泊めてもらう事もあります。でも自分から「泊めてください」とお願いするのは、僕はマナー違反だと思います。泊めてもらえる事になったら、できるだけ相手の家に迷惑をかけないように遠慮した方がいいです。もし招かれた家にほかの家族の方がいた場合、きちんと挨拶しておきましょう。

宿代は受け取ってもらえない事がほとんどですが、他の土地で買ったおみやげを渡すと意外に喜んでもらえたりします。泊めてもらった翌朝は「ありがとう!」と気持ちよく元気にお礼をしましょう。


 
copyright 2006 © ひっちはいく・ビギナーズ!